TOPBlogClinicNewspaper

2013年02月03日

節分のやさしい鬼たちのお話。

節分(せつぶん、または、せちぶん)は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。

一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは一つ多く)豆を食べる厄除けを行う。

Wikipediaより

「恵方を向いて、無言でお願い事をしながら、巻ずしを丸かぶり」この習慣はいつからあるのでしょうか?少なくとも私が四国にいたころにはなかったと思います。
ではなぜ、節分に巻ずしを食べるのようになったのでしょうか?これは「巻く」ということから「福を巻き込む」、「切らずに食べる」ことから「縁を切らない」という意味が込められているという説が有力です。
また、巻ずしの形が黒くて太いことから、鬼の金棒にみたて豆をまくのと同じように、鬼の金棒を食べて鬼退治をする意味もあるようです。

 理由はともあれ我が家でも巻きずしと豆まきをしました。豆まき用の豆を買いにいくと鬼のお面がついていてさらに「お父さん出番です!」とのコメントが。これは誰か家族の一人が鬼役になって(父親が適任なのでしょうか?)豆まきをするということのようです。
 我が家でも誰が鬼役になるかの話をしていると、長男と長女が[お父さんがかわいそうだから自分たちが鬼役になる!」といってお面をかぶりました。

2013.2.3.gif

 親ばかかもしれませんが本当にやさしい子供たちです、おかげでとても幸せな節分を迎えることができました。ちなみに3歳の次女はお面を見るなり大泣きしたのもご愛嬌です。

posted by スギモト歯科医院 at 21:22| 日記
| トップ | トピックス | 患者さまの声 | スタッフブログ | リンク集 | メディア掲載 | 採用情報 | プライバシーポリシー | サイトマップ |