TOPBlogClinicNewspaper

2013年02月21日

夢のような時間を過ごさせていただきました。

昨夜はとても貴重な経験をしました。
 

 朝日レントゲン社の開発者の方々に直接CTの原理や現時点でのテクノロジー、今後の展望を本音で聞くことが出来ました。
わざわざ京田辺まできていただいたのは朝日レントゲン工業株式会社 技術部 部長の廉谷仁民さんと 技術課 副課長 中澤修さんです。

 今年、歯科の臨床においてはCTはとても身近な物になりました。もちろんCTがいい治療をしてくれる訳ではないのでその使い方が問われる時代になってきています。CT撮影時の被爆線量は以前に比べて少なくなったとはいえ福島の例を挙げるまでもなく少なければ少ない方がいいことは自明であり、我々臨床家はその画像からできるだけ多くの情報をえて診断そして治療に役立てるかを常に追求しています。
 今回実際に開発に携わっている技術者の方に直接お話を聞けてユーザーである私たちと全く同じ気持ちであることがとても良く分かり嬉しくなりました。ちなみに数多く存在するCTの機種ですが日本で開発、製造を行っている物は本当にわずかです。そう言った意味では実際の開発者の方々と直接お話をできるのは貴重な機会と言えるでしょう。
 そこでお話しいただいた開発の過程はまさに'プロジェクトX'の世界でした、やはりというか当たり前ですが日本の技術力は相当優れていて同社の画像の鮮明度は世界トップクラスであることは誰もが認めるところです。それとともに、生の声から感じたことはデジタルの極みとも言えるCTという装置の話をしているにもかかわらず、人間味あふれる内容であることに日本の技術力の奥深さを感じました。

 さらには私たちJPIの顎関節の規格撮影のためのアイデアや部品の改良など色んな提案もいただき、大興奮の時間でした。長時間おつきあいいただき本当にありがとうございました。

Asahi.gif



 

posted by スギモト歯科医院 at 16:46| 日記

2013年02月03日

節分のやさしい鬼たちのお話。

節分(せつぶん、または、せちぶん)は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。

一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは一つ多く)豆を食べる厄除けを行う。

Wikipediaより

「恵方を向いて、無言でお願い事をしながら、巻ずしを丸かぶり」この習慣はいつからあるのでしょうか?少なくとも私が四国にいたころにはなかったと思います。
ではなぜ、節分に巻ずしを食べるのようになったのでしょうか?これは「巻く」ということから「福を巻き込む」、「切らずに食べる」ことから「縁を切らない」という意味が込められているという説が有力です。
また、巻ずしの形が黒くて太いことから、鬼の金棒にみたて豆をまくのと同じように、鬼の金棒を食べて鬼退治をする意味もあるようです。

 理由はともあれ我が家でも巻きずしと豆まきをしました。豆まき用の豆を買いにいくと鬼のお面がついていてさらに「お父さん出番です!」とのコメントが。これは誰か家族の一人が鬼役になって(父親が適任なのでしょうか?)豆まきをするということのようです。
 我が家でも誰が鬼役になるかの話をしていると、長男と長女が[お父さんがかわいそうだから自分たちが鬼役になる!」といってお面をかぶりました。

2013.2.3.gif

 親ばかかもしれませんが本当にやさしい子供たちです、おかげでとても幸せな節分を迎えることができました。ちなみに3歳の次女はお面を見るなり大泣きしたのもご愛嬌です。

posted by スギモト歯科医院 at 21:22| 日記
| トップ | トピックス | 患者さまの声 | スタッフブログ | リンク集 | メディア掲載 | 採用情報 | プライバシーポリシー | サイトマップ |