TOPBlogClinicNewspaper

2012年08月14日

何かスッキリしない、この夏

 この夏は全国的な「節電の夏」となっていますが、関西でも計画停電の可能性を示唆され非常に緊張感のある夏となっています。原子力発電所の再稼働の是非はともかく熱中症での死亡事故だけは本末転倒となる為、避けて行きたいものです。

 計画停電になれば歯科医院にとっては予約制という事もあり、数時間前に発表になっても事実上100%の対応は不可能となります。
 しかしながら、事前準備は必要でコンピュータのバックアップや材料の保管に対する対応(意外と要冷蔵のものが多いんです。)を練っています。いろんなメーカや管理会社からいろんな郵便物やメールが届いていますが、どこも計画停電が本当に実施されるかは把握していないようです。

 そもそも、計画停電は本当に必要なのでしょうか?以前から専門家の中ではその信憑性に疑問を訴えている人もたくさんいる上に、関西電力の予想も2転3転してわかりにくい状態です。もし計画停電が実施されれば歯科医院にとっても個人宅にとってもとても大変事ですが、高齢者や幼児のいる家庭や病院にとっては生死に関わる問題です。メーカーにとっては生産ラインが止まり関西の経済の死活問題にもつながると分析されています。
 関西電力にとっても、もし供給可能な電力があるにもかかわらず節電で国民の使用量が減るとメリットはないように感じるのですがやはり政治的な意味合いを優先しいているのでしょうか?東京電力の例を観ると最終的には電気代に載せられて国民が負担するのでしょうか?

 いずれにしてもライフラインが政治利用されているとすればこんなに不安な事はありません。もちろん必要な協力はやぶさかではありませんが関西電力にはそのような意図がない事を願わずにはいられません。


posted by スギモト歯科医院 at 10:17| 日記

夏期休暇のお知らせ

 スギモト歯科医院からのお知らせ
 
 8月14日,15日の二日間 夏期休暇のため医院が休診となります。
 なお,16日からは平常通り朝10時からの診療となります。

 ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

                            スギモト歯科医院 院長 杉元敬弘




posted by スギモト歯科医院 at 09:49| 歯科医院
| トップ | トピックス | 患者さまの声 | スタッフブログ | リンク集 | メディア掲載 | 採用情報 | プライバシーポリシー | サイトマップ |