TOPBlogClinicNewspaper

2012年05月31日

樟葉にて密会、その気になる内容とは?

 樟葉のしおみ歯科クリニックの塩見先生の幹事で樟葉のChez Yoshiでお食事会がありました。このお店はパリの名店「Chez Henri」で日本人初の総料理長まで務めた浅川吉継シェフのレストランです。「これが“フレンチの神髄”というお皿を広めたい」との思いから、日本風に一切アレンジしないのが基本スタンス。提供するのは豪快なオードブルに、時間をかけて煮込んだ肉料理、いとこの漁師から直送した魚介類使用の魚料理など、どれも胃に響くパワフルなメニューばかりです。そしておいしいワインと完璧なセッティングでした。

chezy-yoshi.gif

 参加したメンバーは牧草一人先生、岡田一豊先生、久保哲郎先生、塩見信行先生、奈良マイタウンの田村陽一さん、大八木なぎさ先生そして私です。

 メンバーだけを見ると何やら意味ありげでまた何かしそうですが、実際はびっくりするぐらい歯科に関係する話題は出ず楽しく飲んで食べました。
 意外かもしれませんがこのメンバーのいつものことで本当にリラックスのできる時間です。仲間に入れてもらって本当にいつも感謝しています。これからもよろしくお願いします。







posted by スギモト歯科医院 at 22:55| 日記

2012年05月28日

牡蠣とお好み焼きと鹿のお話。その2 そして饂飩

 前回に5月の連休に長男と長女と私と3人で広島に行ったことを書きましたがその続きです。2日目は早起きをして宮島の嚴島神社に向かいました。
 
 嚴島神社は海を敷地とした大胆で独創的な配置構成、平安時代の寝殿造りの粋を極めた建築美で知られる日本屈指の名社です。廻廊で結ばれた朱塗りの社殿は、潮が満ちてくるとあたかも海に浮かんでいるよう。背後の弥山の緑や瀬戸の海の青とのコントラストはまるで竜宮城を思わせる美しさです。嚴島神社の境内は、弓状に広がる遠浅の浜・御笠浜にあります。干潮時には大鳥居まで歩いていけますが、潮が満ちると社殿や廻廊はあたかも海に浮かんでいるようです。このように刻々と潮の干満で姿を変える海を敷地とする奇想天外な発想は世界でも類をみません。神社が浜に創建されたのは、島全体がご神体とされ神聖視したためとみられますが、12世紀に平清盛と神主・佐伯景弘によって調えられた壮大な社殿群は平安時代の浄土信仰に基づく極楽浄土を現したものとも言われます。

 JRに乗って宮島口桟橋よりフェリー約10分で宮島港着に到着します、子供たちはフェリーに大喜びでした。

宮島8.gif

宮島7.gif

 宮島港から嚴島神社までは徒歩で10分ぐらいでしたが途中でかき氷を食べたりしながら歩いていると鹿がたくさんいました。

宮島1.gif

 後で聞いた話ですがここの鹿は奈良のはぐれ鹿を連れてきているそうで何かの縁を感じずにはいられません。長男の秀斗はどうしても触ることができず逃げ回っていました。

宮島2.gif

宮島3.gif

 残念なことに大鳥居は改修中のため見ることはできませんでしたが回廊や社殿は見ることができ楽しみました。

宮島4.gif

 帰りの港までの間に焼ガキのお店やお土産物屋さんなどがたくさんありいろんなものを食べました。特に私と長女は焼ガキが気に入りかなりいただきました。長男もあまりにもおいしそうに食べているので最後には食べれるようになっていました。

宮島5.gif

 これは「あげもみじ」という食べ物でもみじまんじゅうを揚げているものです。意外においしくてかなりはまってしまいました。これも後から聞いた話ですが時間がたつとあぶらがまわてしまうそうでその場で揚げたてを食べないといけないそうです。

 3人での旅でしたが子供たちは長時間歩いても文句も言わず本当に頑張ってくれたおかげでとても楽しめました。

 帰りに香川県の私の実家によって子供たちは親戚のお兄ちゃんに遊んでもらいました。

宮島6.gif

 香川といえばうどんお約束の風景です。子供たちにとっては讃岐うどんよりお兄ちゃんに遊んでもらうことが重要らしく、うどんにはあまり興味を示していませんでした。

 余談ですが香川県が「うどん県」になったとの報道を聞いていたので駅や町中に書いていると思っていたところ一か所も見つけることができませんでした。何でも県と市がこのことでもめているそうで進んでいないそうです。

やはり四国は平和です。





posted by スギモト歯科医院 at 23:17| 日記

コバルトクロム補綴の可能性 Ver.2 東京のお知らせ

去年の年末2011年12月4日(日)に「コバルトクロム補綴の可能性 in 大阪」 大阪産業創造会館で開催されました。このイベントはJapanCraft,JPIの主催で当日は約350人の参加者でこのテーマに対する関心度の高さがうかがわれました。

講師は大阪大学名誉教授で潟Aイディエスの技術顧問の高橋純造先生とご存知 日本歯科技工士界のカリスマ重村宏先生です。

 このイベントの趣旨は、近年の我が国の歯科医療の危機についてはこのブログでも何回か紹介してきましたが、今のトピックスでもある金の高騰、レアアースと呼ばれる金属の供給不足など今まで当たり前のようにして使用してきた歯科材料としての金属が使えなくなりつつあります。このことは本当に切実で医療費の高騰、歯科医療従事者の生活を圧迫し、将来的には日本の歯科保険制度の崩壊を招くことのなります。すでにご承知の通り諸外国ではすでに歯科治療は一部の高所得者のものになり一般の人には受診の機会すら与えられないことも現実に起こっています。これに対する打開策の一つとして今まではごく限られた部分以外は応用不可能と考えられていたコバルトクロム合金をより広い範囲で臨床応用しようというもので、基礎研究の権威と臨床技工の権威が本気で取り組んだ結果を初めて発表しようというものです。

 今回は東京での開催と前回の反響から協賛企業も20社以上としか業界挙げてのイベントとなっています。関東圏の先生方はもちろんの事興味のある先生方の参加をお待ちしております。
 当日は私も挨拶で登壇する予定です、この歯科業界が活性化できるカードを大切にのばして行くために皆で考えてみませんか?

広告2012-7-コバルトクロム9.jpg





posted by スギモト歯科医院 at 21:48| JPIからのお知らせ

2012年05月27日

JPI(Japan Prosthetic Institute)京都第8期咬合診断・治療コース第二回目が開催されました。

2012年5月26日、27日にJPI(Japan Prosthetic Institute)京都第8期咬合診断・治療コース第2回目が開催されました。今回は土曜日の会場が京都リサーチパーク(KRP)東地区 1号館4階 中会議室A で日曜日の会場は朝日レントゲン工業株式会社で行いました。今期は久しぶりの3回のコースでCTの撮影や技工操作の実習、多くのデモが追加され今回が特に前期までとと変わったプログラムでした。

JPI-5-3.gif

今回も超満員の参加者で熱気むんむんの雰囲気で始まりました。参加者の先生方は関西はもちろんのこと山形、東京、四国、九州と遠方からの参加も多く本当にありがとうございました。

JPI-5-1.gif

JPI-5-2.gif

ご存知日本の歯科技工界のカリスマ重村宏先生のデモです。かなり複雑な過程をいとも簡単にやって見せるところあたりさすがとしか言いようがありません。

JPI-5-4.gif

土曜日の懇親会の写真です、JPI参加の先生方は本当にパワフルで夜も長いのが特徴です。お酒を飲んで盛り上がっていますがやはり話題の中心は咬合で本当に真面目で真摯な先生方の集まりです。

JPI-5-5.gif

 今回から朝日レントゲンに協力をしてもらってコースを行っています。気が付いたら写真が全くありませんでしたが本当にお世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。

 歯科の世界に限らず世の中の価値観が大きく変わろうとしている時代においても、やはり大切なことは真剣に取り組むことだと思います。今回の2日間で受講された先生方、お手伝いをいただいたスタッフの皆様本当に真剣に取り組んでいただきました。このエネルギーが歯科特に咬合という分野の新しい流れになってくれることを確信しています。
 来月も全力で頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。





posted by スギモト歯科医院 at 20:12| 勉強会

2012年05月25日

奈良​県歯科医師会 学術症​例検討会

5月20日(日)奈良​県歯科医師会 学術症​例検討会に参加しました。これは学術理事 高田利之先生からのご依頼で症例相談と少しのレクチャーを行いました。前回にかいた北海道の日本歯周病学会の翌日でしたが奈良の先生方がかなり熱心なことはよく知っていますので疲れも感じず参加できました。

nara1.gif

 当日はたくさんの先生方に集まっていただきとても盛り上がりました。症例も相談と言いながら完成されたものでとても勉強になりました。

nara2.gif

 症例検討会の後の懇親会での記念撮影です。奈良県歯科医師会の学術のメンバーの先生は本当に熱く,とてもお酒が強くとても盛り上がりました。私にとってもとても居心地がよく次の日からの活力を十分にいただきました。

nara3.gif

 学術理事 高田利之先生をはじめ奈良県歯科医師会の先生スタッフの皆様本当にありがとうございました。



 



posted by スギモト歯科医院 at 23:35| 勉強会

日帰りの北海道!

 5月18日、19日に第55回春季日本歯周病学会学術大会が札幌コンベンションセンターで開催され参加しました。診療の都合で今回は19日のみしか時間が取れず日帰りで参加することにしました。北海道に行くのは10数年ぶりで楽しみな半分、滞在時間は数時間であるため残念な気持ちもありましたがしっかり勉強するために向かいました。

北海道2.gif

北海道1.gif

 おなじみ牧草先生と北海道で待ち合わせ会場に向かいました、入り口での記念撮影です。当日は北海道でも珍しいぐらいの肌寒い日でした。牧草先生のスタッフの方もたくさん参加されていて本当にお世話になりました。

北海道4.gif

 会場はとても大きくたくさんの参加者でにぎわっていました。最後の教育講演では参加者が演者の質問にその場で答えていく形式のものでとても勉強になりました。
 学会が終わると同時に移動して何とかラーメンだけは食べることができましたが、北海道を堪能することなく新千歳空港から関空にむけて帰路につきました。

北海道5.gif

 お土産の一つの北海道限定 いろはすハスカップ味です。次女のかりんちゃんが気に入って一緒に写真にはいてくれました。

 学会上ではいろんな先生に会うこともでき素敵な出会いもありもちろん勉強もできました。やっぱりフットワーク「軽く」動くことは大切です。








posted by スギモト歯科医院 at 23:16| 学会

2012年05月22日

JPI(Japan Prosthetic Institute)京都第8期咬合診断・治療コース第二回目が開催されます。

 2012年5月26日、27日にJPI(Japan Prosthetic Institute)京都第8期咬合診断・治療コース第2回目が開催されます。今回は土曜日の会場が京都リサーチパーク(KRP)東地区 1号館4階 中会議室A で午前10時30分から始まります。

京都リサーチパークアクセス[1].jpg

京都リサーチパーク地図[1].jpg

 日曜日の会場は朝日レントゲン工業株式会社 京都市南区久世築山町376-3で午前9時30分から始まります。

honsya.pdfhonsya.pdf

 今回は朝日レントゲンの協力のもと実際に画像診断を体験していただけるプログラムとなっています。

 当日はスタッフ一同気合を入れてお待ちしていますのでよろしくお願いします。

                              JPI主任講師 杉元敬弘

左顎関節6.jpg


posted by スギモト歯科医院 at 17:33| JPIからのお知らせ

2012年05月21日

院内新聞第8号を発行しました

ご好評をいただいています院内新聞の第8号を今月から院内でお渡しいています。この新聞は医院に来られた患者様にはお渡しいていますが、このホームページでも見ることが可能です。

夜のとばりが降りた京都。杉元氏が出向いた先は、彼が「若い頃から大ファンだ」と目を輝かせて語る越前屋俵太の隠れ家。世界各国で道行く人を巻き込んだパフォーマンスをし、テレビ業界を驚かせた越前屋俵太が、杉元氏に投げかける質問とは!? 

 7号8号と渡り今回は俵 越山(越前屋俵太)さんのバーで飲みながらいろんなことを話したことを院内新聞でお伝えしています。俵越山先生(越前屋俵太さん)は言わずと知れたコメディアンで私は学生時代からの大ファンでした。現在は書家としての活動に軸足を移し、福祉施設に書の作品を寄贈するなどの活動を行っているそうです。また、城陽市立図書館の協力を得て、小中学生向けに「書きたいように書く」ことで感性を伸ばす講座を2008年より開講されており、現在は書家としての活動を続けているほか、ユニバーサル・マーケティング・デザイン株式会社の代表取締役社長と関西大学総合情報学部の客員教授を兼任されています。

8号3.gif

 話の内容は新聞に書いてありますが、お会いした率直な感想はテレビで見たままの感じでとても話を引き出してくれるのがうまいです。最初は緊張していましたがだんだんリラックスしてついつい本音を語っています。バーの雰囲気もよくかなりお酒も入ってあっという間のひと時でした。

8号2.gif

 かなり飲んだ後に2階の書道教室に場所を移し一緒に書をかかせていただきました。これも新聞に細かく書いていますが、何かの課題があるのではなくとにかく"うまく書くより気持ちを書く"ように指導していただき、墨をすっている間にいろんなことを話していただき自分でも思いもよらない文字を書きました。

その時に書いていただいた書が下の写真です。これは医院の中に飾らせていただいていますのでぜひ間近でご覧になってください。

8号.gif

この院内新聞は毎回かなり真剣に真面目に作っていますのでぜひとも一読してみてください。


posted by スギモト歯科医院 at 22:42| 歯科医院

2012年05月15日

JPI Study 2012.5

 このブログでも紹介させていただいているJPI(Japan Prosthetic Institute)の歯科医師のための勉強会JPI Studyが京都市内の会議所で開催されました。この勉強会も5回目を迎え確固たる形ができつつあります。

JPIS5-1.gif

 参加者は石田先生、井上先生、魚津先生、江口先生、小川先生、松野先生、守谷先生と私のメンバーです。

JPIS5-2.gif

 富山県開業の魚津公美先生のプレゼンから始まりました。先生は噛み合わせの中でも中間運動といわれる顎の動きの解析の専門家です。今回のプレゼンもとてもわかりやすく勉強になりました。

JPIS5-5.gif
 
 そのあと私がCT撮影についてのプレゼンを行いました。この勉強会は少数で行っていますので一方的なプレセンというより双方向のスタイルです。

JPIS5-3.gif
 
スギモト歯科医院の松野先生も発表しました、事前にとても頑張って用意していただけあってとてもいい発表でした。歯科医師が歯科医師の前で歯科のことを語るということはとても難しく緊張するものです。日々の診療に誠実でなければ一目でわかります。このプレゼンも松野先生の真面目な部分がにじみ出ていて素晴らしい内容でした。

JPIS5-4.gif

 恒例の打ち上げ 今回は京都祇園 天ぷら八坂圓堂で行いました。何でも大正時代の建物らしく部屋から見える庭もとてもきれいでした。もちろん食事もおいしく大満足でした。



 

posted by スギモト歯科医院 at 23:44| 勉強会

牡蠣とお好み焼きと鹿のお話。その1

 5月3日の憲法記念日に何か使命感のような衝動に駆られ長女のひなと長男の秀斗と私と3人で広島平和記念資料館に行ってきました。自分自身3.11以降 放射線のことや原子力のことを考えるようになり、改めて原爆のことを大人になって勉強したいと思ったことと、自分の幼少期に感じた原爆への思いを我が子にも感じてもらいたく半ば思いつきで出かけました。

広島2.gif

 当然のことながら子供たちが広島の歴史的な背景を知る由もなく新幹線での旅行が楽しく盛り上がっています。

広島3.gif

 広島についたらまず牡蠣とお好み焼きということで最初の食事からさっそくいただきました。意外なことにあまり感動もなく黙々と食べていましたが、雰囲気の違いは肌で感じているようでした。

広島4.gif

 路面電車に乗って原爆ドームについたところでの記念撮影です。今改めて見てみるとイメージより小さく補修もされているせいか爆撃された建物というより歴史的な建築物といった感じでした。

広島6.gif

 平和記念公園ではたくさんのイベントが開催されていて大勢の人でにぎわっていました。

広島7.gif

 広島平和記念資料館に3人で入りいろんなことを再確認できました。原子力爆弾は人類の歴史において最悪の兵器でありとてつもない被害を我々日本人は被ったということと、それを実行できたアメリカという国の恐ろしさを実感しました。世界唯一の被爆国である日本がいま原発で苦しんでいることが非常に皮肉なものです。
 以前、朝まで生テレビで原発の開発者の第一人者のかたがなぜ核を利用しようと思ったのか?といいよられた答えで「唯一の被爆国である日本が原子力を平和利用することで世界を見返したかった。」という言葉がありとても印象に残っていました。改めて当時の資料をみて日本人の悔しさや原子力に対する嫌悪が理解できその開発者の言葉もよく理解できました。
 ちなみに長女のひなの感想はただただ"怖い"でしたが、それもとても理解できます。


つづく


 
 
posted by スギモト歯科医院 at 22:09| 日記
| トップ | トピックス | 患者さまの声 | スタッフブログ | リンク集 | メディア掲載 | 採用情報 | プライバシーポリシー | サイトマップ |