TOPBlogClinicNewspaper

2019年01月09日

歯科医が診る咬合治療 歯科衛生士が気づく口腔機能低下の予兆〜その補完計画のシナリオとは〜

我々、歯科医療従事者は歯科医療を通じてどのような社会貢献ができるのだろうか?
そんな普遍的なテーマで講演会を行います。

「歯科医が診る咬合治療 歯科衛生士が気づく口腔機能低下の予兆
〜その補完計画のシナリオとは〜」
 歯科衛生士の植田智美さんと2月3日(日)大阪産業創造館 (さんそうかん)で初めてのジョイント講演です。

歯科医が診る咬合治療 歯科衛生士が気づく口腔機能低下の予兆取り出し1.001.jpeg

 以下が抄録です。

 情報過多と言われて久しい現在において、歯科に限らず医療全般に対する社会的ニーズは疾病の治療だけでなく、人が健康で幸せな一生を送るためにどうするのかという視点を含むようになってきた。そして、歯科医療従事者の意識もインプラントなどの骨造成や審美など硬組織を中心にしたものから、顎口腔の役割の中でも咀嚼、摂食から嚥下、呼吸などの軟組織の管理に向けられ始めている。
 その背景として、これまで長い間「悪性新生物」「心疾患」「脳血管疾患」が日本の3大死因と言われてきたが、平成23年には肺炎が第3位となり、高齢者の肺炎で「誤嚥性肺炎」は嚥下をはじめとする口腔機能の低下との関係が明らかになってきたことがある。
 今回は顎口腔機能の回復を目指したとき、概念だけではなく、それらを踏まえた歯科医が診る咬合補綴治療、患者と関わる時間が長い衛生士だからこそ見つけられる口腔機能低下の予兆、そして実際の有機的な連携のために必要な情報の共有を考えてみたい。

DHWORKS_201902_semi_tirashi_1130.jpg

 植田さんと出会ってからお互いの目指すところが非常に似ているにもかかわらず、着眼点が全く違うのでいつも刺激と喜びをもらっています。歯科医師と歯科衛生士それぞれが本気で患者のQOL(生活の質)を考えた時、同じ口腔内を診てお互い何を感じ取って何ができるのかを当日は思う存分話してみたいと思います。


posted by スギモト歯科医院 at 01:05| 日記

2018年の総括と2019年の展望

 2018年は4年に一度の第8回となる日本国際歯科大会・併催 第8回ワールドデンタルショー2018が  開催される年で歯科業界にとっても私個人にとっても大切な年でした。

スクリーンショット 2018-09-30 20.33.42.png

8th国際歯科大会  本番用8.001.jpeg

 10月5日(金)〜7(日)の3日間にわたり、パシフィコ横浜にてクインテッセンス出版株式会社主催、日本歯科医師会、日本歯科技工士会、日本歯科衛生士会後援で日本国際歯科学会は会議センター、アネックスホールにて9,084名の参加があり、ワールドデンタルショーは展示ホールにて開催され、50,772名の来場者がありました。
今回も海外から約50名の演者が招聘され、国内の演者約350名を加えた一大講演会です。本会には歯科界の一流演者が集結することから、居ながらにして世界の歯科医療の動態を把握できる最高のチャンスと言われ、そこに招聘されることは歯科医としてはステータスの一つです。そこでシンポジウムの座長という大役をいただき無事終わることができました。

 その他にも2018年4月14日(土)〜15日(日)のBIOMET 3i Research & Technology Forum 2018
 これはBIOMET 3iインプラントの長期臨床成績に関する講演をはじめ、各領域の最前線で活躍していると認められ依頼された演者が、最新のインプラント治療に係る知見を発表するというものです。これは三山木の牧草歯科医院の牧草一人先生とセッションでかなりの手応えを感じました。

Biomet3i_rtf_20180414-15_Tokyo1.jpg

2018.4.15 RTF   本番 final118.001.jpeg

 2018年7月28日(土)・29日(日)に 京王プラザホテル札幌 で開催された Osseointegration Study Club of Japan(略称:O.J.)これはインプラント治療に携わる数々のスタディグループが垣根を越えて参加協力すべく2002年に設立された臨床医によるスタディグループです。その年次ミーティングでシンポジウムを行いました。

OJ jpegのコピー.jpg
 
 その他にもほとんどの土日を講演会を行い精力的に活動することができました。
 また鶴見大学歯学部クラウンブリッジ補綴学講座の非常勤講師に就任、奈良先端科学技術大学院大学との交流、和田精密歯研株式会社との共同開発など、日常臨床以外での充実の年でした。


 一方で自分のホームグラウンドであるスギモト歯科医院でも大きな変化がありました。
代診の先生が一部入れ替わり、新しい技工士も一人増え、7月から凄腕歯科衛生士の植田智美さんが診療のパートナーとなり自分の臨床にかなりの幅ができました。
 2018年の総括としては、今までの自分の仕事がある程度認められ一区切りつけられたと同時に、新しい展開が期待できるような出会いが多くありました。

jaimru51.jpg

 2019年今年の展望は、平成31年4月30日(火)に元号が変わることもあり私自身の仕事に対するスタイルも変えていこうと考えています。4月にイタリアで講演があることもあって英語の勉強を再開したいこと、新しい取り組みをじっくり考える時間を作ること、以前のように勉強会に参加していろんなことを学びに行くなど診療や講演以外の時間を作りたいと思っています。スギモト歯科医院は私が29歳の時に開院して今まで走り続けてきました。いろんな人や機会に恵まれここまで来ることができ感謝でいっぱいです、その恩に報いるため2019年の年末に進化できているように頑張りたいと思っています。



posted by スギモト歯科医院 at 00:57| 日記

2018年12月20日

JIPI 補綴/咬合コース ver. 0.2 が開催されました。

JIPI(Japanese Institute of Periodontology & Implantology) Prosthetic treatment/occlusion course ver.0.2 (JIPI 補綴/咬合コース)が 2018年11月3日 4日と12月15日,16日の4日間開催されました。

 このコースは牧草先生が主宰するJIPI(歯周病とインプラントを中心とした日本トップクラスの勉強会)の補綴・咬合コース(歯の被せ物や噛み合わせの治療を中心にした勉強会)として今年から始まりました。

総括 Part12取り出し1.001.jpeg

 今回は第0期ということで私とオーラルデザイン大阪の久保哲郎先生がコースディレクターとして試運転を兼ねて行いました。内容は今まで自分が学んできたことや、いろんな先生や組織と作り上げてきたエッセンスを思いっきり話すことができ満足できるものとなったと自負しています。

IMG_8820.jpg

講師は歯科界のカリスマ牧草先生,江口先生に特別講演をお願いしました。

IMG_8838.jpg

常任講師としては相宮先生、安藤先生、植村先生、歯科技工士の椹木くん、そして和田精密歯研のデジタルデンティストリーの申し子 西山さんです。
   
IMG_8788.jpg

IMG_8785.jpg

IMG_8789.jpg

今回のプログラムは
1回目
2018年
11月3日 土曜日 14時から19時 


14時から15時    Introduction
         
15時から15時45分 咬合学の歴史的な変遷

15時45分から16時  (Break time )

16時から17時     補綴治療特に咬合再構成の全体的な流れと必要事項
      -何がわかって何がわかっていないのか.-

17時から17時45分 Face-bowマウントはドグマなのか

17時45分から18時  (Break time)

18時から19時     Face-bowマウントのデモと実習 (椹木さん)



11月4日 日曜日 10時から16時


10時から11時45分    Form follows function/Anterior guidance

12時から13時 ラボコミュニケーションを円滑にするための写真の話 (久保哲郎先生)

13時から14時     Lunch time

14時から15時       咬合治療における画像診断の臨床的意義

15時から16時       A BIOLOGICAL APPROACH FOR RESTORATION DESIGN(久保哲郎先生)

2回目
2018年
12月15日 土曜日 14時から19時


14時から14時30分     前回のまとめと確認

14時30分から15時30分  咬合高径を決定する根拠を考える

15時30分から15時45分 (Break time )

15時45分から16時45時  可視化時代における顎運動測定の補綴臨床への展開

16時45分から17時    (Break time 時間調整 )

17時から18時       Go-A (相宮先生,植村先生)

18時から18時15分   (Break time 時間調整)

18時15分から19時    アキシスパスレコーダーのデモ(江口先生)

12月16日 日曜日 10時から16時

10時から11時    A BIOLOGICAL APPROACH FOR RESTORATION DESIGN
           :Implant ver. (久保さん)

11時から11時15分 (Break time )

11時15分から12時   スプリント療法は効果があるのか?
Metal splintの臨床応用について

12時から13時     歯周病専門医による生物学的補綴論(牧草先生)

13時から13時45分   Lunch time

13時45分から14時30分 Digital Dentistryの基礎知識,シミュレーションソフトの活用 (椹木さん,西山さん)

14時30分から14時45分 (Break time)

14時45分から15時45分 総合歯科診療の実際 ~ デジタル時代のインターディシプリナリー アプローチ ~

15時45分から16時 総括と今後の展望

来年からは正式な第1期として3回のプログラムで始めて行きますので、歯科関係者のみなさまでご興味のあるかたはご一報ください。

この様なコースを企画/開催する過程で今までいかに,いろんな先生やスタッフに支えられてここまで来たかを再認識することができました。
 これからもさらなる進化を目指して突き進んでいきたいと思いますので、今後もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。



posted by スギモト歯科医院 at 11:47| 勉強会

年末年始の休診について

今年もわずかとなりましたが、スギモト歯科医院をご愛顧いただきありがとうございました。

12月28日午後から2019年1月4日まで冬季休暇をいただきます。
1月5日からは平常通りの診療となりますので、ご理解のほどの願い申し上げます。

スギモト歯科医院 院長 杉元敬弘

                
posted by スギモト歯科医院 at 09:41| 日記

2018年09月30日

第8回日本国際歯科大会が開催されます.

 第8回日本国際歯科大会が2018年10月5日(金)〜 7日(日)の3日間、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催されます。 本会は4年に一度開催され、今回も海外から約50名の演者を招き、国内の演者約350名を加えた一大講演会です。本会には歯科界の一流演者が集結することから、居ながらにして世界の歯科医療の動態を把握できる最高のチャンスと言われ、そこに招聘されることは歯科医としてはステータスの一つです。

スクリーンショット 2018-09-30 20.33.42.png

その中で今回はシンポジウムの座長という大役をいただき現在も準備に追われています。

スクリーンショット 2018-09-30 20.34.19.jpg

スクリーンショット 2018-09-30 20.35.15.png

この大会は私にとっても大きな意味がありここ10年ぐらいかけて作ったシステムの総決算でもあります。
思えばここ数年で大きな変化があり、多数の企業や大学のバックアップのもと形にできたものを後悔ないように表現しようと思います。

8th国際歯科大会  検討用7.001.jpeg

講演のテーマは
「チェアサイド・ラボサイドで診る咬合、そこにある共通点と相違点とは?」
で、一般の方にはわかりにくいとおもますが歯を作る時に技工士は石膏模型を咬合器という器械につけて作業します。
しかしそこで作ったものが調整しなければ入らないとか、入れても上手く噛めないとかの問題の本質を議論します。
おそらく世界で初めての理論展開になると思います!

日々の臨床も大好きですが、このような研究や開発も私のライフワークなんです。

posted by スギモト歯科医院 at 21:07| 日記

2018年06月21日

2018年6月17日 天然歯とインプラント周囲の長期的安定を求めて

2018年6月17日にシンポジウム 天然歯とインプラント周囲の長期的安定を求めて The State of the Art -The Quest for Sustainable Stability around Teeth & Implants- が無事終了しました。

多数の歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士の歯科関係者の参加のもとに盛大に開催されました。
IMG_7699.jpg

講演のタイトルスライドです。

2018.6.19 天然歯とインプラント周囲の長期的な安定を求めて.001.jpeg

前回のブログでも書きましたが、
ここで講演をするメンバーは日本でもトップクラスでなかなか集まることが難しいので殆ど奇跡的な企画でした。

なによりも今回の特異なところは、講演の順番を前日の懇親会でくじ引きで決めるというものでした。
多くのシンポジウムでは内容や相性で大体主催者が決めるものですが、今回はいかに自由度が高いかがわかります。

IMG_7750.jpg

講演中の様子です。
他の演者の気合いに後押しをされて、思う存分話すことができました。

IMG_7751.jpg

最後のディスカッションの時の様子です。
会場からも質問が出たり、演者同士でのとても質疑応答で盛り上がりました。

いつも感じることは、このような会に参加すると準備がとても大変ですが演者同士の交流や情報交換ができ私自身が一番得をしているということです。今回も私が歯科医になりたての頃に憧れた先生に『スギモっちゃん』と呼ばれて感無量です。

このような講演やシンポジウムを8月まで毎週行います。このブログでも追って報告したいと思います。





posted by スギモト歯科医院 at 16:17| 日記

2018年06月16日

“Unnatural naturalness” or “Natural unnaturalness” 「不自然な自然さ」または「自然な不自然さ」

 週末に素晴らしいメンバーと講演会を行います。
このシンポジウムの演者は日本を代表する臨床家ばかりで、
ここに名前を連ねただけでも光栄の極みです。

61_1_2.jpg

私の講演の抄録

“Unnatural naturalness” or “Natural unnaturalness”
「不自然な自然さ」または「自然な不自然さ」
 

 今回の"天然歯とインプラント周囲の長期的な安定”のためにというテーマについて考えたとき、構造的または生物学的に違うものが,それぞれが補完し調和できるような環境を作ることが主点となるのではないだろうか。この違うものが調和するという概念は,一般的な補綴治療においてもなんら変わるものではない. 補綴形態表現の一例として、シカゴ派の代表的な建築家の一人であるヘンリー・サリヴァンの言葉を引用したい.「Form follows function. (形態は機能に従う.)」この言葉で表現されるように,「機能」と「美」は決して排他的な関係でない. 余分な装飾を排して無駄のない形態や構造を追求した結果,自然にあらわれる美しさこそが「機能美」であり,「機能」と「美」との間でバランスがとれた状態であるとも言える.
 天然歯とインプラントの調和において自然である生体と不自然な人工物であるインプラントのバランスの問題とも言え,ほどよく混ざりあう状態であることが肝要なのではないだろうか.

「不自然な自然さ」または「自然な不自然さ」(Bruce Lee )
このkey wordからインプラント補綴を議論してみたい.

ここで引用している
「不自然な自然さ」または「自然な不自然さ」
という言葉は私の臨床を大きく変えるきっかけになりました。幼少期に憧れた格闘家のブルースリーが何かの番組で語っていた哲学ですが、もちろん歯科のことを語っていたわけではありません。しかし、歯科に当てはめてみても全く違和感のない考え方です。
歯科医療はまさに自然である生体に不自然である人工物を補うというものですがバランスが非常に重要です。私がライフワークとしている咬合(噛み合わせ)もこのバランスが重要で、決まりきった形がないものを求めていく哲学的な要素が大きいものです。

今後も、さらなる追求を続けていきたいと思います。

* ブルース・リー(李 小龍、Bruce Lee、リー・シャオロン、レイ・シウロン、1940年11月27日 - 1973年7月20日)は、サンフランシスコ中華街生まれの中国人、中国武術家、武道家、香港の俳優、脚本家、映画プロデューサーである。截拳道(ジークンドー)を創始したマーシャルアーティストとしても知られる。   
墓碑銘は「FOUNDER OF JEET KUNE DO」。
posted by スギモト歯科医院 at 09:54| 日記

2018年05月15日

医院がシートに包まれました!

久々のブログの更新です。
現在、スギモト歯科医院の入っているマンション アトリオパークが外壁修繕工事の為に黒いシートで覆われています。
ご迷惑をおかけしますが
診療は通常通り行っていますのでよろしくお願い申し上げます。

IMG_7326.jpg
posted by スギモト歯科医院 at 10:02| 日記

2013年06月26日

JPI(Japan Prosthetic Institute)京都コース盛況のうちに終了しました。

咬合診断、治療総合コース 京都10期が無事終了しました。
今回は過去最多となる参加者で会場となったアイキャストの研修室も熱気であふれていました。

 このコースは今回で10期となりますが近年、咬合治療における画像診断が注目されつつあり受講される先生も積極的でとても盛り上がります。

2013.63.gif

 今回は江口先生の特別講義があり久々の3ショットです。

2013.6.gif

 ある統計によるとアメリカの子供たちがなりたい職業のNo.1は歯科医だそうです。それに引き替え日本の歯科業界は制度疲労の極致で、とても自分の子供に継がしたいとは思えないぐらいの環境です。どこにその大きな差の原因があるのかというと、あくまで私見ですが歯科医をはじめとする日本の歯科業界の怠慢と言わざる負えません。平成24年度香川県歯科医師会の「歯と健康と医療費に関する実態調査」で明らかになったことですが、高齢になって歯が残っている本数が多ければ多いほど医科における診療費が低くなっていることがわかりました。つまり、歯が残っている人ほど将来に病院に行く回数や費用が少ないということで簡単に言うと健康が維持できるということです。歯科医療が国民の健康に寄与する範囲は本当に大きなものでQOL(生活の質)に大きく影響を与えることを歯科従事者がもっと自覚するべきと思います。
 咬合(かみ合わせ)は歯科医療においては診断そのものですが、意外なことに近年まで歯科業界では軽視されてきていました。

2013.62.gif

 いつも思うことですが私の話を聞いていただけるだけでも本当に幸せなことです。これからも同業界の人たちに評価されるような臨床を続けれるように頑張って行きたいと思います。
 参加された先生方にこの場を借りて感謝申し上げます。




 
posted by スギモト歯科医院 at 23:56| JPIからのお知らせ

2013年06月20日

なんでこんな物が、、

 我が家の期待の長男 秀斗クンが宝箱を手に入れました。
この箱はおもちゃではなく雑貨屋さんで売っているものらしく、たまたまお店の前を通った時に心を奪われたそうです。

宝箱1.gif

 当然中身は入っていない単なる箱で家内や姉は全く理解できなかったようですが何となく私には理解できました。私自身も幼いころ何の価値もない様なもの(もちろんそのものには価値はありますが子供にってという意味です。)を集めたり大事にしていました。それにしても宝があっての宝箱ですがこの先なにをこれに入れることになるのでしょうか?

宝箱2.gif

 ちなみに手に持っている人形は私と息子のお気に入りのガメラです。これも女性陣には全く価値が解らないそうです。


posted by スギモト歯科医院 at 16:24| 日記
| トップ | トピックス | 患者さまの声 | スタッフブログ | リンク集 | メディア掲載 | 採用情報 | プライバシーポリシー | サイトマップ |